1. ホーム
  2. 骨盤と姿勢
  3. > 骨盤がゆがむ・ずれるとは?

骨盤がゆがむ・ずれるとは?

テレビや本などでもよく骨盤がズレているとか歪んでいるという表現をします。
でも、どういう状態のことを骨盤がズレていると呼ぶのか、詳しく説明しているのをあまり聞いたことがありません。

ここではその辺りを詳しく見ていきましょう。

まず、其の一で述べたように骨盤は大きく3つの骨から出来ています。
仙骨と寛骨でしたよね。

その骨と寛骨の一部である骨が結合している関節のことを仙腸関節といいます。

骨盤背面図

仙腸関節の関節面(関節と関節が触れあう面)は平面に近いので(耳状面とよばれている)色々な方向に動きます。
ですが関節面にわずかですが凹凸があり、また強力な靱帯で結合されているのでほんの少ししか動きません。昔は解剖学的に不動関節と呼ばれていたぐらいです。

実際にその動きは数ミリというレベルです。

ただし、出産時にはリラキシンというホルモンの影響で骨盤周辺(特に恥骨結合)の靱帯が緩むので可動性が増大します。この話はまた別の機会にでも。

仙腸関節の動き

このわずかしか動かない仙腸関節が何らかの原因で本来あるべき位置からズレてしまい左右の寛骨の位置に差が出来ている状態を骨盤がズレたと呼んでいます。

ズレる方向も色々ありますがよく言われる足の長さの違いは上下のズレ(正確には回転)が主に影響してきます。
上下にずれやすいのはやはり体重を支えていることが関係するのでしょうね。
この場合、股関節の高さが変わってきます。

仙腸関節のズレは数ミリぐらいですがその回転軸から股関節までは距離があります。
下の図を見てくださいね。

骨盤のズレと股関節の関係

そのために仙腸関節のわずかなズレも股関節では何倍にも大きくなります。
このため、脚の長さが1cm以上変わってくるのです。

一方、左右のズレは骨盤が開いている閉じているという事に対する影響が大きいです。
O脚の原因にも関連が深いです。こちらのほうは詳しくは別の機会に。

スポンサーリンク

コメント

  1. 骨盤の後傾の画像検索でこちらのブログにたどりつきましたが、
    大変詳しく分かりやすく書かれとても勉強になります。
    絵がとても上手ですね!!
    そこでひとつおたづねしたいのですが、
    私は右の股関節がかたくて(右脚の裏や内側がかたいとこからもきてると思ういますが)右脚の脚の開きが昔から悪くで
    右ひざの内側が最近痛くなりました。
    右脚が内また気味になりやすいです。
    この場合、私の右の仙腸関節の動きが悪くて骨盤はうしろに
    左よりも後ろに倒れ気味になってるんですかね?
    がっせきのポーズをした時も
    右脚の開きが悪くて右脚が床につきません。
    でに左脚の股関節がやわらかく
    下につきます。
    私の骨盤はどういう状況になっていますかね?
    最近毎日ストレッチをしてきたおかげて少しは
    改善はしてきましたがまだまだです。
    アドバイスいただければ幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。