1. ホーム
  2. 整体の考え方
  3. > ターゲットは骨ではなく筋肉

ターゲットは骨ではなく筋肉

施術において常に考えるのは

筋肉と筋膜のバランスを整えること

よく言われている骨・骨格ではありません。筋肉と筋膜です。

筋膜というのは聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うと筋肉を覆っている膜のことで、いくつかの種類があります。複数の筋肉群を連結したり全身をボディスーツのように包み込んでいたりします。

よく整体の世界では骨がゆがんでいるという人もいますが、曲がった骨をまっすぐにできるのは超能力者ぐらいです(笑)

骨格の位置は筋肉や筋膜、それに靱帯で決まります。靱帯は硬い組織ですから筋肉・筋膜のひっぱり加減で骨格の位置が決まるといって良いでしょう。

歪んで見えるのは骨ではなく筋肉や筋膜のアンバランスでそう見えるだけなのです。

ですから整体院fReeでは筋肉に重点を置いて施術していきます。筋肉のバランスが整えば自然と骨格の歪みは解消していきます。

基本的にはその場で痛みを和らげる施術もやりますが重点を置くのは全身のバランスを整えることです。
ですので痛い場所とは全く違うところを重点的に施術する場合も多々あります。

筋肉の調整と言っても抽象的なのでよく使うテクニックを簡単に書いておきます。

○ストレッチ
ゆっくりと筋肉を伸ばす施術。萎縮した筋肉を引き延ばして活性化します。経験的に運動不足の人には効果的です。運動をバリバリしている人に対しては効果は賛否両論です。

○トリガーポイント療法
筋肉の固くなっているポイント(トリガーポイント)を圧迫あるいは圧迫+運動でゆるめます。トリガーポイントを押されると違う場所に痛みがでます。痛みとその原因は違うということが一番体感できる手技かもしれません。

○マッスルエナジーテクニック(MET)
問題のある筋肉(もしくはその拮抗筋)を使うことで弛める方法です。動かないように固定された状態で力を入れてもらいます。簡単に言うと、筋肉は力を入れたあと必ず弛みます。その作用を利用するわけです。

○操体法
心地よい方向に体を動かしていって最後に脱力します。筋肉の緊張をとるだけでなく体全体のバランスを回復する手技です。METと似てるようで違います。

○関節の回転・振動(モビリゼーション)
関節を回したり揺らしたりすることで反射的に筋肉をゆるめます。心地よく関節を動かすだけですが緊張した筋肉にはよく効きます。

○ストレイン・カウンターストレイン
痛みが楽になる姿勢を探してその状態で90秒間静止する方法です。痛みがほとんど無く故障した筋肉を再教育する効果も高いです。

○GP法
Ten整体院の伊藤先生が考案された方法で、上に書いたストレイン・カウンターストレインと似ていますが90秒待つ必要が無くゆらゆら揺らすだけ筋肉が緩んでくる方法です。整体院fReeではモビリゼーションとGP法を一番よくつかっています。

ここに挙げたテクニック以外にもその症状に合うと思われるテクニックを色々と組み合わせて筋肉のバランスをとっていきます。

 

お気軽にお問い合わせください 整体院fRee
店舗外観
愛知県岡崎市若松町大廻43-2 1F
整体院fRee
完全予約制 0564-55-2753
営業時間:10:00〜21:00
休診日:日・祝
接客中などによりつながらない場合は留守電にお名前とご用件をお残しください
24時間受付中
メール問合せ