1. ホーム
  2. 体の常識・非常識
  3. > 熱中症とは?

熱中症とは?

●どんな症状?

簡単に言うと体のオーバーヒートです。

体は常に体温を36度前後に保とうとしています。ですので暑い中に長時間いたり激しい運動をすると体温が上昇してきますが体は体温を一定に保つように様々な反応をします。

しかしその能力にも限界がありその限界に近づいてきたときに体に様々な症状が現れてきます。これらをまとめて熱中症と呼んでいるのです。

医学的には熱中症というのは4種類に分けられます。

熱失神→皮膚血管の拡張による血圧低下、脳血流の減少が原因、めまいなど
熱疲労→いわゆる脱水が原因、めまい、頭痛、吐き気など
熱けいれん→ナトリウム不足により、筋肉がけいれん
熱射病→体温上昇により中枢機能に異常をきたす、意識障害など
運動する人だけでなく、お年寄りや乳幼児、疲れている人なども発症しやすいです。ちなみに運動中によく起こるのは熱疲労と熱射病です。

●予防法

根本対策は暑いところに長時間いるなということになりますがそうも言ってられません。

暑い中で長時間何かする必要がある場合は出来る範囲でよいので次のようなこと意識しましょう。

直射日光に長時間当たることは避ける
風通しをよくする
睡眠を十分に取る
マメな水分補給を心がける
ここでは簡単そうでなかなか出来ない水分補給について少し詳しく説明してみます。

よく言われることですが喉が渇いたと思った時点でもう体は脱水気味です。

ですので喉が渇く前に飲む、できれば時間を決めて喉が渇いてなくても定期にに水分補給するということが重要になってくるのです。

時間間隔と量はその時の状況や体調により一概に言えませんが胃に負担がかからない程度の量をこまめにというのが重要。

一度に大量の水を飲むと吸収がうまく行われず、胃の中には水がたくさんあるのに体は脱水症状なんていう悲しいことになってしまいます。

また、飲む量は人とその状況により様々ですが例えば持久系の運動をする場合は1時間に500ml~1000ml になるようにこまめに分けて飲むのがよいとされています。

それと、汗をかくと塩分も同時に失われているので水ばかりではなく塩分もとるようにします。水だけとっているとこんどは低ナトリウム血症というものになってしまうので要注意です。一番簡単なのはスポーツドリンクを飲むことですね。

●対処法

そうはいっても熱中症の症状が出て来た場合は次のような対処をして状況が悪化しないようにしましょう。

涼しいところで休み、衣服はゆるませる。
水分と塩分を取る。
体をぬらすなどして気化熱を利用するか、氷を脇や股などの動脈の流れる部分に充てて冷やすなど体の冷却をする。
病院にすぐに行く。放っておくと手遅れになることもあります。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。