1. ホーム
  2. 整体師の知恵袋
  3. ヒザの痛み〜膝内側の痛み

ヒザの痛み〜膝内側の痛み

ヒザの内側の痛みは鵞足炎(がそくえん)と呼ばれる事があります。
ランニングの他にジャンプやターンなど膝に負担のかかる運動をした際に現れることが多いようです。

鵞足というのは膝のすぐしたの内側の部分で、
・縫工筋
・薄筋
・半腱様筋(ハムストリングの一つ)
がスネの骨(脛骨)に付着している部位で、この部分の腱の形が鳥の足の形に似ていることからこんなネーミングになっています。

この症状が出る場合、主な原因としては次のようなことが考えられます。

・X脚などで膝の内側にストレスがかかりやすい状態になっている。
・内転筋群・ハムストリングが過度に緊張していたりバランスが崩れている

運動して痛い場合はこの腱が繰り返しの動きで擦れて炎症を起こしていると言えます。
その場合アイシングなどが有効です。

しかし、擦れがひどくなる根本的な理由は上記の筋肉またはX脚です。

ですので、基本的には内転筋群・ハムストリングのストレッチや筋力アップなどをしてバランスを取り戻すのが有効です。

ただし、X脚の場合はそれだけではなく、骨盤の矯正にや足への体重のかけ方のクセを変えるなどしてX脚を改善していくことが重要です。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。