1. ホーム
  2. 骨盤と姿勢
  3. > 脊柱の椎骨の分類

脊柱の椎骨の分類

脊柱はその機能によって大きく3つの部分に分けることが出来ます。

頭蓋骨の下から数えて7つを頸椎と呼びます。
これはいわゆる首の骨ですね。

その下の12個を胸椎と呼び肋骨が付いています。

そして残りの5個を腰椎と呼びます。
ここがいわゆる「腰」と呼ばれる部分です。
整形外科で腰のレントゲンを撮ると言ったらこの腰椎の場合がほとんどでしょう。

脊柱のS字カーブはこの区分けにうまく合っていて

頸椎:緩やかに前湾
胸椎:後湾
腰椎:前湾

となるのが解剖学的に正しい状態となります。
この状態で各関節面が一番ニュートラルな位置に来ます。

この前湾や後湾がきつすぎても緩すぎても身体に負担がかかってくるわけです。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。