1. ホーム
  2. 健康の常識非常識
  3. > しもやけの治療法

しもやけの治療法

ここ最近は寒い日が続きますね。

今日も岡崎では午前中雪がぱらついていました。

そんな寒い冬になると悩まされる症状の一つにしもやけがあります。

これは低温や自律神経の不調により体の末端の血行が悪くなり、十分な酸素や栄養が供給されず細胞が破壊されるために起こる症状です。

実は僕もよく霜焼けになります。

昔から足先だけはすぐ冷たくなるんですね。これは残念ながらどんなに運動をしていても改善されていません。トライアスロンの練習で有酸素運動を人一倍やっており、毛細血管は発達していると思うのですがダメです。寒いところにジッとしているとすぐに冷たくなってきます。

ただ、練習(特に水泳)をしっかりしていると冷えを感じるだけでしもやけの症状にはなりませんでした。

しかし・・・どうも今年はおかしいです。練習も普通にしているはずなのですがすぐに霜焼けになり指先がジンジンと痛くなってしまうんです。

ここ数ヶ月はいろいろ忙しくて寝不足な日々が続いていおり、疲れも取れにくくなっています。これは自律神経が乱れてい証拠。その影響で末端の血行が悪い状態が続いていると予想されます。

ということで、こういう時にやるのが冷温浴です。

いつもお風呂に入った時にやるのですが、軽度の霜焼けなら翌朝には治ってます。ジッとしててもジンジンするものの場合は2〜3日くり返すと治ります。

理屈としては、冷たい・熱いをくり返すことで血管の収縮と弛緩が強制的におこり血行が改善するため回復すると考えられます。

やり方は次のようになります。

  1. くるぶしぐらいまで足がはいるバケツを用意
  2. 冷水(冬なら蛇口からの水でOK)をくるぶしが漬かるぐらいまで入れる
  3. お湯で1分ほどあたためる(僕は入浴の最後にやるのでこのステップは飛ばします)
  4. 冷水に1分つける(このとき足がジンジンしてきますがガマンです)
  5. お湯に1分につける(最初は痛いようなムズムズするような感覚でつらいですがガマン)
  6. お湯や冷水に足をつけたとき、ムズムズ・ジンジンする感覚がでなくなるまで4と5をくり返す(僕の場合、6回ぐらいくり返すとそうなります)
  7. 最後はお湯につけて終わる
  8. 足をしっかり拭く(気化熱で再び足を冷やさないようにするため)

やり終わった直後は、しもやけの指を触ったり動かすとジンジンする痛みが強くなることがありますが大丈夫です。

この方法はあかぎれにまでなっている霜焼けには試したことがありません。傷口が痛くて無理かもしれないので気をつけてください。

外傷はなくただジンジンと痛いレベルなら大抵はこれをくり返せば改善されるので、しもやけでお悩みの人は是非試してくださいね。

ちなみにしもやけ対策の栄養素としては血行を改善する作用があるビタミンEがよいそうです。あんきもやたらこなど魚の卵や大根、かぼちゃ、アーモンドなどに多く含まれています。気になる人はこういうものを多めに食べてみると良いかもしれません。

それにしても早く温かくなってほしいものですね。

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. リカブラック

    ありがとうございます。
    さっき、久々に温まったら、人生初のしもやけになっていたことに気づきました。
    やってみます。痛痒いんですね、しもやけ。

  2. >リカブラックさん
    人生初ですか!?霜焼けワールドへようこそ!って全然ウェルカムではないですね。
    軽度なら本当に一晩寝れば治ってると思いますよ。お試しあれ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。