1. ホーム
  2. 日記
  3. > 給湯器が凍り付くほどの寒さ!

給湯器が凍り付くほどの寒さ!

昨日は本当に寒かったですね。

夜は結露した窓が凍り付いて開かなくなっていました。こんなこと岡崎に住むようになってから初めてです。

その寒さを今朝改めて実感する出来事がありました。

 

朝、いつものように顔を洗おうと蛇口を捻ると・・・

いつまで経ってもお湯が出てきません。給湯器も動いている気配無し。

「あれ?おかしいな?」

そう思ってお湯だけに出る側にレバーを回すと水が全く出てこなくなりました。

水だけ出る方は問題無く出てくるので、どうやら給湯器内のどこかで水道管が凍結したようです。

今の家に引っ越してきて3年、こんなことは初めて。よほど冷え込みが強烈だったんでしょうね。

この寒い朝にお湯が出ないのは本当に困ります。

幸い我が家は給湯器が2系統あり、もう一方は無事だったので台所のお湯は出る状態だったので助かりました。もしそうでなかったらと思うと恐ろしいです。

 

さて、昼を過ぎると給湯器には直射日光がガンガン当ります。

これで凍結している部分が溶けて流れるようになるはず、と予想。

その予想通り夕方には普通にお湯が出るようになりました。

水圧が極端に下がった気配もないのでおそらく水漏れもしていないと思いますが、しばらく給湯器周辺を注意してみようと思います。

 

ちなみに凍結を予防する方法ですが、我が家の給湯器のメーカ(リンナイ)のよくある質問ページにつぎのように書いてありました。

凍結予防には以下の方法があります。
1.凍結予防ヒータと自動ポンプ運転(おいだき機能付や暖房機能付のみ)による方法
2.給湯栓から水を出す方法
3.器具の水抜きをする方法

この冷え込みはまだ続くそうなので自宅の給湯器に合わせて対処しておいた方が安心ですよ。

 

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。