1. ホーム
  2. 日記
  3. 長財布デビュー

長財布デビュー

今まで使ってた財布がくたびれてきたので、先日新しい財布を購入しました。

それがこれです。

長財布

じつは今回がブランド財布&長財布デビューなんです。

今までずっと二つ折りの財布を使っていたのですがなぜ今回長財布を選んだのかというと・・・

この本の影響です!

亀田 潤一郎
サンマーク出版 2010-12-02
¥ 1,365

これは嫁さんがたまたま買ってきた本。なかなかインパクトのあるタイトルですね(笑)

内容はというと、税理士である著者が多くの経営者を見てきて“うまく行っている経営者の習慣”を財布を軸としてまとめたものです。ですから財布の話だけではなく、

「お金に好かれるための(こんな書き方したら何か嫌らしいですね(笑))お金の扱い方」

という表現が一番あっているのではないかと思います。

 

さて、この本ではタイトルの通り長財布を推奨しています。それも高級な長財布。

その根拠は、お札を折らなくてよいからお札にやさしい、パンパンに膨らんだ財布になりにくい、といった“お金が居心地のよい環境を作ってあげればお金がやってくる”という考え方にあります。なので、安物より高級な財布の方がお金をVIP待遇しているということになるそうです。

まぁ、突っ込みどころ満載の本ですが(笑)確かに長財布を使ってみようかなと思わせる説得力はあります。

どうせ財布を買い換えるなら試しにこの本に従ってみるか!と思い半ばゲーム感覚で長財布にすることに決定しました。

あとはどの財布にするかですが、高級な財布と言われても僕はもともとブランドには一切興味なし。何を選んで良いのかわかりません(苦笑)

といことで嫁さんと休日に名古屋に行ってルイヴィトンやカルティエ、グッチなどいろいろ回ってみました。

なんとなく場違いな空間に足を踏み入れた違和感を感じましたが(苦笑)、高級な店に行くとこういう風な接客をしてくれるんだ〜といろいろと勉強にもなりました。

結局のところデザインや質感が一番気に入ったのはルイヴィトンのタイガでした。これって例の本で著者が使っているのと同じ財布なんですよね。同じになったのは少々複雑な気持ちでしたが、高価なものですし自分が見て納得したものを買おうと思ったのでこれに決定。

まだ長財布の扱いに慣れていませんが、使い心地は良好です。

あとは本に書いてあるような効能があればいいんですけど、それはこれからのお楽しみですね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。