1. ホーム
  2. 日記
  3. > 大腰筋が鍛えられると・・・

大腰筋が鍛えられると・・・

大腰筋というお腹の中の方にある筋肉をご存じでしょうか?

背骨の腰付近から生えて足のつけ根(股関節)にまで繋がってる筋肉です。

大腰筋の図

少し前に大腰筋ダイエットと称してここを鍛えるとダイエットできるとかで流行った時期がありました。また、スポーツや体づくりに興味がある人も聞いたことがあるのではないでしょうか?

この筋肉は実は姿勢にものすごく大きな影響を及ぼします。

良い姿勢というのは背骨を横から見て緩やかなS字カーブを描く姿勢になりますが、腰の部分のカーブをつくるときに活躍するのが大腰筋なんですね。

この筋肉が衰えて機能不良になると次の2つのパターンになります。

  • 腰の反りが無くなりお年寄りの方に多い丸い猫背になる
  • 腰の反りがきつくな過ぎ若い女性に多いお尻を突き出した出尻になる

大腰筋が正常に働くと腰が適切なカーブになります。さらに重要な事は、

上半身の姿勢は腰の姿勢で決まってくる

ということ。

ですので腰が適切なカーブを描くようになるだけで自然と全体的な姿勢も改善されるんです。

 

さて、前置きが長くなりましたが今日来た患者さん。いつもとどうも様子が違います。

2ヶ月ぶりぐらいに体のメンテナンスとして来院されたのですが姿勢が前よりも良くなってるんです。

詳しく話を聞いてみると、先月僕がブログで紹介した認知トレーニングマシンでのトレーニングを何回か受けたら骨盤の前傾がやりやすくなったそうなんです。

確かにあの認知トレーニングマシンは大腰筋・骨盤周りにかなり刺激が入ります。何回かトレーニングすることで大腰筋が一気に活性化した可能性が高いです。

施術で大腰筋を調整しても近い効果は出せますが、自分で動いて鍛えた方が当然効果が大きいし持続します。それに正しい動きが強制的にできるので鍛える効率も良さそう。

効果についてはもう少し検証することは必要ですが、スポーツする人だけでなくお年寄りの方もこれを使えばシャキシャキ歩ける体を早く手に入れらるかもしれませんね。

う〜ん、一台欲しいなぁ。

でも今の場所ではスペースがないなぁ。

う〜ん

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。