1. ホーム
  2. 心臓病
  3. 娘の1ヶ月検診

娘の1ヶ月検診

blog-130525

さて、昨日は臨時休業させていただいて娘の退院後1ヶ月検診に行ってきました。

検査内容は心電図、レントゲン、血液検査、エコーの4つ。

この中で血液検査の為の採血が一番大変でした。

 

採血中に動くとマズイので、まず最初に拘束バンドでグルグル巻きにされます。

その時点で娘のゴキゲンが斜めに。当然ですね。

さらに両腕を押さえつけてゴムバンドで締め付けます。

これは血管を浮き出させるために仕方ないことなのですが、娘はギャン泣き。

「今までこんなに泣いたこと無いんじゃないか?」

というぐらい泣きわめいていいました。

可愛そうだけど我慢してもらうしかないので見ていて心苦しかったです。

赤ちゃんの採血は血管が細くて見えにくいのでとても難しいそうで、看護師さんによっては手こずってとても時間がかかる場合があります。

今回の看護師さんはテキパキと判断・作業される方で1発で採血成功♪

短時間で採血ができたようで良かったです。

上の写真の腕のパッチは頑張った勲章ですね。

 

さて、気になる結果ですが先生に

「非常に良い!」

と言われました。

病状の指標となる数値が健常者と同レベルらしくとてもよい状態だそうです。特に注意することもなく普通の赤ちゃんと同じように育てて大丈夫と太鼓判を押されました。

それに伴い薬の量も少し減らすことに。

段々元気になっていることが実感できてうれしい一日でした。

娘はだいぶお疲れだったようですが…

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。