1. ホーム
  2. その他
  3. ブラザープリンタの廃インクパッド修理を自分でやる方法

ブラザープリンタの廃インクパッド修理を自分でやる方法

分解中のプリンタ

長期間インクジェットプリンターを使っていると「廃インクパッド」が満杯になり印刷ができなくなるというトラブルが発生します。

基本はメーカー修理となるのですが、今回は自力でブラザーの複合機の廃インクパッドを洗浄して復帰させてみました。その時の様子をレポートしてみたいと思います。同様のトラブルで困っている方は参考にしてみてください。

トラブルの経緯

私はプリンター兼FAXとしてブラザーのMFC-J4510Nを4年ほど使っています。仕事で使っているので普通の家庭よりは使用量は多いと思います。

2〜3週間ぐらい前から印刷終了後に「もう少しで廃インクパッドが満杯になります」とうメッセージが表示されるようになりました。

そして、数日前にインク交換した直後から「廃インクパッドが満杯になりました」というメッセージに変わり印刷不能に。インク交換したばかりで使えなくなったというのは割とショックです(苦笑)

対処方法をネットで調べてみると、基本はメーカー修理。

気になる修理代はこの記事を書いた時点(2018年8月6日)では

  • 修理代:14,000円
  • 送料:2,500円
  • 合計:16,500円

となっていました。

これって新品のプリンタが購入できる金額ですが、FAX機能付きならこの額では収まりません。

それなら修理を選びそうですが、ここ2〜3年はFAXを送受信した記憶はありません。買い換えるならもうFAX無しでもよさそうです。

そう考えると修理に出すのがバカバカしくなってきました。

ただ、交換したばかりのインクはモッタイナイ・・・

ネットでは廃インクパッドを自力で交換したりエラーをリセットしたという記事がチラホラ

どうせ使えないなら・・・

ということで、自力で分解して廃インクパッドの洗浄に挑戦してみることにしました。

廃インクパッドとは?

廃インクパッドというのは、

印刷時やヘッドのクリーニング時に出る余分なインクを吸収する部品

で、インクジェットプリンターには必ずあるそうです。

これの吸収量が満杯になるとエラーが出て印刷ができなくなります。これはブラザーだけでなくどのメーカーも同じ。

たまに自分で交換できるような機種もあるようですが、家庭用の低コストなプリンターではメーカー修理が普通です。

今まで何台もインクジェットプリンタはつかってきましたが、この問題に遭遇したのは今回が初めてでした。それだけこのプリンターをよく使っているということですかね・・・

廃インクはどんなときに多くなる?

廃インクが多くでるのは、ヘッドクリーニングや縁なし印刷の時になります。ブラザーのプリンタはヘッドの目詰まり防止のために頻繁にヘッドクリーニングしているので他のメーカーよりもこの問題にあう確率が高いかも知れません。

ブラザーの複合機の場合の対処法

ブラザーの複合機の場合の対処法はおおまかには次のようになります。

ブラザー複合機の場合の流れ
  1. 分解して廃インクパッドを洗浄or交換
  2. エラー解除のためにカウンターをリセット

注意するのは2番で、ただ単に廃インクパッドを掃除しただけではダメで、システム的にエラーを解除して上げる必要があります。

旧機種はカウンターのリセットだけでOK!?

ブラザーのプリンタは印刷回数か何かを数えており、古い機種ではそれが規定回数以上になると印刷できなくなるという仕様だったそうです。ということは、廃インクパッドはそのままでもカウンターをリセットすれば強制的に使えたということですね。それはそれで使い続けたら恐ろしいことになりそうですが・・・

MFC-J4510の場合は廃インクパッドをモニターするセンサーがついています。そのためカウンターをリセットをしてもセンサーがOKにならない限りエラー解除されない仕組みになっています。最近の機種は全てそうなっている可能性が高そうです。

MFC-J4510Nの分解手順

では、いざ分解ですが必要な工具はドライバー1本です。分解はこの動画が参考になりました。機種はFAXなしで1世代新しいDCP-J4215Nですが、構造はほぼ同じです。

注意

この方はヘッドを外すところまで分解していますが、廃インクパッドの洗浄が目的なら途中(1:45あたり)まででOKです。

分解の手順
  1. 上蓋を開ける
  2. 支持棒(薄緑のパーツ)を外す。少し捻ると外れますが、上蓋をすこし勢いよく開けても外れます。
  3. ハーネスのカバ(左側のプラスチックパーツ)を外す(これはツメで止まっているだけです)
    これで上蓋は90°に開いた状態になります。
  4. アースのネジを外す
  5. コネクタを基盤から外す(フラットなものを含めて5本)
  6. ハーネスガイドを持ち上げる(このとき上蓋をしっかり持っておきましょう、そうしないと急に上蓋が外れるかも)
  7. 上蓋をは90°に開いた状態で水平方向(奥の方向)にスライドさせると外れます。
  8. 本体の上カバーを固定しているネジを全て外します(確か5本ぐらい)
  9. 本体上カバーを外します。インクタンク側のツメが固くて少し手間取りましたが、上手く撓ませたりしていると外れます。
  10. 廃インクパッドが見えます。

上記の4,5で抜くコネクタは下の写真のようになります。ご参考までに。

抜くコネクタの説明

分解した直後の廃インクパッドの状態は下の写真になります。

分解直後の廃インクパッドの様子

廃インクパッドは一つのユニットになっていて、その中にある不織布のようなものがどす黒い紫色に染まっています。確かにもう満杯という感じですね。

このユニットは2本のチューブを抜くと本体から外すことができるのですが、このチューブが非常に固くて抜けにくかったので諦めました。ユニットが取れなくても中のパッドを外せば洗浄できます。

センサーの洗浄

廃インクパッドのセンサー基板

廃インクパッドのユニットに付いている小さな基板がセンサーです。少しこじれば外れます。

上の写真のようにセンサー面にインクがべったり。

これをティッシュできれいに拭いてあげればOKです。

パッドの洗浄

廃インクパッドの取り出し

廃インクパッドは上の写真のように全部で5枚入っています。

奥の大きなブロックは透明なフィルムが貼ってあり、その下に3枚重ねで入っています。手前のフィルムが無い方には2枚入っています。

フィルムはよく接着されていて剥がれません。仕方ないので上の写真のようにフチをカッターでカットしてパッドを取り出しました。

各パッドは全て形が違うので間違わないように注意しなければなりませんが、方向や順番が違うとセットできないようになっています(無理矢理ならできるかもしれませんがかなり違和感がでる)。

パッドはインクでベトベトなので周りを汚さないように注意が必用です。手もビニール手袋をしておいたほうが安心かと。

外したパッドを洗面所で水洗い。最初は「ホントにきれいになるのかな?」と思うほどベトベトですが、以外と水で流れていきます。

洗うときにギュウギュウしないように!

実際に洗ってみて感じたのですが、パッドを強く押さえつけたり捻ったりしない方がよいです。水で流しながら優しく洗いましょう。

絞るようにギュウギュウ洗うとペッタンコになり乾燥しても戻りがイマイチになります(1枚目の洗浄したパッドがそうなってしまいました)。

洗えたら完全に乾かします。真夏の屋外に干して5〜6時間ぐらいかかりました。

乾燥したら、順番と方向を間違えないようにユニットの中に組み込んでいきます。ちなみにユニットもかなりインクでベトベトなのでティッシュなどでよく拭きましょう。チューブが簡単に抜けるなら外して水洗いが一番早いと思います。

フィルムを再び上に被せて、カッターで切った部分に上からPPテープを貼って固定しました。

最後にセンサー基板をセットして完了です。

洗浄後の廃インクパッド

上の写真はフィルムを貼り直す前の状態です。見違えるほどきれいになりましたね。これでもう4年は持ってくれることを期待しています。

あとは、分解の時と逆の手順で組み立てていけはOK。

エラーのリセット方法

再組み立てが完了すると、後はカウンターのリセット作業です。

カウンターリセット作業の流れ
  1. ホームボタンを長押し
  2. 液晶に4行のリストが表示される(4行目は空白)
  3. 液晶の4行目の空白行を長押し
  4. 数字、英字、矢印がマス目上に並んだキーパッドのような画面が出てくる
    これからはこのキーパッドを使って操作していく
  5. *2864 と入力
  6. ポーという音とともに■Maintenance■と表示。
  7. 80 と入力するとキーパッドの上にプリンタシリアル番号が表示。
  8. キーパッド上部にある▲▼でシリアル番号が表示された部分の項目が変わっていく。
  9. PURGEが表示されたら 2783 と入力。
  10. ポーという音とともに■Maintenance■と表示。
  11. ▲▼を使って再度PURGEまでいき0になっていればエラー解除完了
  12. 99 を押してプリンタを再起動させれば終了

あとはテストプリントして問題なく印刷できることを確認して完了です。

組み立て後のテストプリント中

まとめ

以上で無事に印刷できるようになりました。実際に作業してみた感想として

  • 分解は意外と簡単。
  • 洗浄したパッドの乾燥に時間がかかる
  • エラーのリセット作業も落ちついてやればそんなに難しくない

という感じですね。

修理代から考えると買い換える方が現実的なので、どうせ捨てるならダメ元で廃インクパッドの洗浄に挑戦するのも悪くない選択肢だと思います。

免責事項

プリンタが動かなくなったりインクで部屋や服が汚れる等、この作業を行うにあたって起こったあらゆる損害に対して私もメーカーも一切責任は負いません。自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。