岡崎市で安心して整体を受けられる
整体院をお探しのあなたへ

top_pic_0903 墜落!膝が痛い!
もう飛べないかと思った

思いもよらなかった痛みの原因

手づくり飛行機で琵琶湖の空を飛ぶ鳥人間コンテスト。学生時代、私は人力プロペラ機のパイロットでした。パイロットというと格好よく聞こえるかもしれません。でも、当時は膝の痛みで悩まされ続けました。

痛みのきっかけは墜落。
それ以来、膝が痛むようになったのです。一時は

「もう飛べない…」

と思ったほどでした。

当時は「膝が痛い=膝に問題がある」と思い、整骨院や整形外科に行きました。MRIまで撮ったのですが異常なし。電気を当てたりマッサージされても全く良くなりません。

そんな中、たまたま近所で見つけた整体に行ってみました。そこで骨盤矯正っぽいこと(当時は骨盤矯正という言葉は無かったと思います)をやってもらったところ膝がとても楽に!ビックリしました。

よく思い出してみると、墜落したときに強打したのは骨盤部分。今思えば殿筋(お尻の筋肉)を痛めて骨盤が捻れていた可能性が高く、それが原因で膝に痛みがでていたようです。

この時の経験から「痛いところだけ見ても良くならないんだな」と強く思うようになりました。

そして、それは私が整体をするときの基本的な考え方の軸となっています。

とはいえ、痛いところと別に原因があるといわれても、すぐには信じられないかもしれませんね。

そこで、症例を交えて説明してみたいと思います。

肩こりは揉むだけでは変わらない

top_pict_8

まずは女性に多い肩こりについて。

上の写真は岡崎市で専門学校に通うDさんの来院時の姿勢。肩こりと猫背が悩みです。今まで整体には行ったことがないということでした。
この方は腰よりも肩が後ろに、頭が前に突き出た典型的な猫背姿勢

頭は軽めのボーリングの球ぐらいの重さがあります。頭が前に出ていると、この重さを背骨でなく首・肩・背中の筋肉で支えることになります。コリがでるのも当然です。

Dさんの場合、姿勢をかえることが根本的な解決策。このままの姿勢ではどんなに肩を揉んでもすぐに元に戻ってしまいます。

施術で肩こりと姿勢に関連する筋肉を調整。その後、正しい姿勢、エクササイズの指導を行いました。

最初の数回は整体の後は姿勢が良いけど次に来たときは元に戻っている・・・という状態でしたが、Dさんの努力もあり6回目に来院されたときは整体をする前でも下の写真のような姿勢になっていました。

さらに、肩こりだけでなく生理痛も楽になったそうです。腰が反りすぎていることが内臓にも影響を与えていたのかもしれません。このような症例がある度に、体は全身のバランスでなりたっていると強く感じます。

top_pict_7

腰痛でも足首から施術!?

top_pict_2

肩こりと同じぐらいよくある症状が腰痛。西洋医学では腰痛の85%は原因不明(NHKスペシャル「 病の起源」より)といわれています。

そんな原因不明の腰痛の代表格はぎっくり腰。

例えば岡崎市で家電製品工場に勤務のKさん。仕事中、なにげなく腰を曲げたときにズキっときてぎっくり腰に・・・

来院時には腰〜背中は筋肉が緊張してガチガチ。腰をまげる、反らす、ねじる、ができない状態。腰は痛くて触ることも出来ません。

こういう時どうするのか?色々なアプローチがありますが、このKさんの場合は腰ではなく足首から整体をスタートしました。

これは、痛いところを直接触ると防御しようとして余計に緊張してしまうことが多いからです。面白いことなんですが足首を軽く回してあげるだけで体の緊張は結構ゆるむものなんですね。少し緩んで安心してもらってから痛みの本丸と思われる大腰筋をカウンターストレインという方法で弛めます。この大腰筋もお腹側から触るので腰は全く触りません。

この方はこの方針がドンピシャだったようで整体をした後はまげる、ねじるはOK。痛みは反らしたときだけという状態になり、3日後に来院した時にはほぼ完治していました。

このように、痛みから離れた部分に視点を移すと突破口が見えてくる場合があります。

ひざ痛も膝は悪くない!?

top_pict_6

次は膝。岡崎市でヘルパーをやっているIさんの例をお話しましょう。

子供の体育祭で長時間外立っていたら膝が痛くなり、正座も出来なくなりました。病院では変形性膝関節症と診断。ひざの軟骨が減っているといわれたそうです。

しかし、検査してみると大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)がパンパン。そこで、大腿四頭筋の緊張をゆるめることを中心に整体をしました。それ以外にも骨盤の捻れや、フラットバックという背中が平らになるクセもあったので結局全身を整体しました。その後ストレッチの指導。

Iさん本人がストレッチを頑張ったこともあり4回目の整体で正座ができるまでに回復しました。

Iさんは立つときに大腿四頭筋に力をいれてしまう癖があるようで、長時間緊張しっぱなしだった大腿四頭筋がうまく緩まない状態になり、膝のお皿がスムーズに動かず痛みが出ていたようです。膝の軟骨なんて全然関係ありません(苦笑)筋肉の問題です。

voice-4

視点を変えると見えてくる

top_pict_4

このように痛い所ではなくからだ全体を見ていく、そうすることで解決する痛みが沢山あります。

ところが整形外科ではレントゲン、MRIなど画像検査ばかりで、そこで異常(骨の変形など)があればそれを原因に、なければ老化や使い過ぎ、原因不明ということで片付けられます。

そして治療方法も痛みがある場所に電気をあてる、温める、ヒアルロン酸を打つ・・・といった方法ばかりで、全く良くならないと私が悩んでいた頃とほとんど変わらない治療を続けています。

こうなる理由は骨や軟骨など構造の異常にこだわり過ぎているからだと思います。目に見える物は分かりやすいですからね。

ただ、残念ながらこの考え方はカイロプラクティックや一部の整体でも同じです。痛みは背骨や骨盤など骨格の歪みが原因だと決めつけ、骨格を矯正するといってパキポキやります。でも、それは原因と結果が逆だと私は考えています。

なぜなら骨の位置を決めるのは筋肉だから。

骨格が歪むというのは筋肉が故障してバランスが崩れた結果です。猫背姿勢も同じ。

ですから筋肉の故障がなおりバランスが戻れば骨格は自然と整います。筋肉を無視してバキボキと無理矢理骨格を動かすというのは、効果が無いとは言いませんが関節に無理な負担をかけるので危険性が高いです。

ですので私は筋肉とそれを包む筋膜に的を絞った整体を行います。このアプローチでは筋肉に対して心地よい(時にはイタ気持ちいい)刺激を入れることが基本。バキボキしないので安心して整体を受けることができます。

痛みから解放されたいあなたへ

top_pict_5

いくつかの症例を挙げて説明してきましたが、整体院fReeでは筋肉の故障を探すという視点から身体全体をみて原因を探していきます。

整体というと経験や勘でやるという印象の方も多いと思いますが、私はもともと機械工学を学んだエンジニアなので、解剖学やバイオメカニクス、体にかかる力などを考慮して理論的に検査・整体を行うことが多いです(実際には体には未知の部分が多く経験と勘もたくさん使いますが・・・)。

こういう視点でやっている点が他の整体院さんや整骨院・整形外科さんとは違うところかなと思います。

今までと異なる視点で見れば、異なる結果が出ます。

もしあなたが頭痛・めまい・肩こり・膝痛・腰痛といった症状に悩んでいらっしゃるなら、一度当院の整体を受けていただければと思います。

やりたいことがたくさんあるから、早く痛みから解放され元気にりたい!

そんなあなたからの連絡、心待ちにしています。

電話番号:0564-55-2753 お問合せフォームへのリンク