1. ホーム
  2. 初めてのあなたへ
  3. > 院長はどんな人?

院長はどんな人?

はじめまして!整体院fReeの中尾です。

整体院fRee院長の顔写真あなたは整体院と言うと何を重要視しますか?もちろん技術は重要です、というかあって当たり前のものですね。
でも、それと同じかあるいはそれ以上に整体師との相性も重要。例えばどんなに仕事ができても一緒には仕事したくない人とかいますよね?

  • 気が合うか合わないか?
  • 気持ちよく施術をうけることができるか?
  • 信頼できるかどうか?

そういった部分も含めて整体院は選ぶべきだと思います。
その判断の目安としてここでは私のプロフィールを包み隠さず紹介しておきます。

他人の履歴書ほどつまらないモノはないといいますが(笑)お付き合いください。

院長のあゆみ

  • 名前:中尾 誠
  • 出身:大阪
  • 学歴(整体の技術とは全く関係なしですが一応…)
    高校:大阪府立高津高等学校
    大学・大学院:大阪府立大学工学部航空宇宙工学科
    在学中、第20回鳥人間コンテストに パイロットとして参加・優勝!これが唯一自慢できることですね(笑)
    鳥人間コンテストの写真
  • ソニーイーエムシーエス株式会社入社
    ノートパソコンやらデジカメの機構設計やってました。
  • フミユセラピストアカデミーに入学
    数年の修行の後会社を辞め岡崎で整体院を開業
    現在に至る。

家族は?

2009年に結婚、2013年に娘が生まれて今は家族3人で暮らしてます。
ちなみに妻は岡崎市でパン教室をやってます。

趣味は?

★トライアスロン
始めてから7年ぐらいになります。小さなレースでたまに入賞できるぐらいのレベル。
今はアイアンマンハワイ出場をめざして頑張ってます。

アイアンマンでの写真

★パソコンいろいろ
学生の時パソコンスクールの講師バイトをしてたぐらい詳しいです。
このホームページもすべて自分で作って運営しています。パソコンでお困りのかたもお気軽にご相談ください!?

好きな言葉

継続は力なり
めんどくさがり屋なので、「もう投げ出したい」と思ったときはこの言葉をおもい出して自分を奮い立たせています。

なぜ整体師を目指したのか?

ここが多くの人が気にするポイントだと思います。一言でいうと、

「面白いから」

それだけです。難しい理念も何もありません。

勉強しても勉強しても疑問が出てくる人間のからだの奥深さ、
施術で変わっていく患者さんのからだ、
元気になった患者さんの笑顔…

そういったもの全てが「おもしろい!これに打ち込んでみよう!」と思ったからこの仕事をしています。

まぁ、これだけではあっさりし過ぎなので、きっかけをもうすこし書きますね。

始まりは飛ぶことから

そもそも幼い頃から機械大好き人間だった私。人のカラダに興味を持ち始めたのは学生時代、人力飛行機のパイロットに選ばれた時からです。

人の力で空を飛ぶには大きなパワー(300W前後)が必要。パイロットはカラダの能力をギリギリまで引き出さなければなりません。

そこで効率よいペダリングと優れた心肺機能を手に入れるため、バイオメカニクスと運動生理学を徹底的に研究しました。そうするうちにカラダに対する興味が深まっていったのです。

納得のいかない医療

一方で、パイロット時代は膝痛と腰痛に悩まされました。
整形外科や整骨院に行ってもだめ。MRIまで撮りましたが異常なしです。歩けないくらい膝が痛いのにですよ!

「使いすぎでしょう、安静にしてください」で診察は終わりです。

治療といえば電気を当てて軽くマッサージ、湿布と痛み止めを出すくらいでしょうか?

当時からどうもこういう状況には納得がいきませんでした

そうした中でとある整体院で、骨盤のズレが原因だと言われ矯正してもらったところ症状がかなり改善するということを経験しました。

そこでは詳しい原因の説明はありませんでした。でも、痛みと原因の場所が一致するわけではないんだなと気づきました。

ケガだらけの日々から…

就職してしばらくは自分を限界まで追い込むようなこともなく平和(笑)にすごしカラダに対する関心も少し薄れていました。

しかし、硬膜下血腫という大ケガ&手術の経験、そしてその後はじめたトライアスロンで膝痛や腰痛が再発しだすにつれ再び自分の体を見つめ直すようになりました。

そして同じように練習してもケガもなく出来ている人と自分との差は何だろうと考えるようになりました。
そのうちに

「怪我を起こさない身体の使い方というものがあるのではないか」

と思うようになり体の構造・使い方に対して再び興味が湧き少しずつ勉強するようになっていったのです。

そういう中で大きな出来事が起こりました。
それは父親の死です。

視点の変化

死因はアルコール性の肝不全。一言で言えばお酒の飲み過ぎ。
父は病気は医者と薬が治してくれるものと信じ自分の不摂生には一切目を向けませんでした。

そうして生活習慣を改めず痛み止めと薬漬けの中で父は日々弱っていきました。特に最期の方はかなり壮絶でした。見ているのが辛かったです。

カラダの声を聞かず何の努力もせず薬に頼りきるとどんな結果が待っているのかを父は目の前で見せてくれたのです。

これは悲しい体験でしたがそれを通して変わったことが二つありました。

一つは、ボロボロになりながらも何とか生きようとする人の体が持つ生命力の強さです。

このときから、

「人の体の持つ生命力はスゴイのではないか?それをうまく引き出せばもっと元気な生活が送れるのでは?」

と考えるようになりました。

もう一つは、他人を見る視点です。

当時から私は愛知県で働いていて簡単に実家の大阪に帰ることができず看病は大阪に住む母親や兄姉に任せっきりでした。
ですので父の入院日数が増えるにつれ当然家族に看病疲れが出ていないかと心配するようになりました。

実は今まで家族をそういう視点で見ることはほとんどありませんでした。みんな健康だろうと勝ってに思いこんでいたからです。
でもいざ話を聞いてみるとみんな腰痛・肩こり・関節痛・冷え性・不眠症など様々な症状に悩んでいるという現実が見えてきました。

さらに、そういう視点で会社の同僚やトライアスロンの練習仲間達も見るようになると…

やはりみんな大なり小なり悩みを抱え、苦しんでいたり、やりたいことを諦めてたりしていることがわかるようになってきたのです。

う〜ん、何とかしてあげたい

そうすると「何とかしてあげられないかなぁ」という思いが日増しに強くなってくると同時に何も出来ない自分に歯がゆさも感じていました。

これはホスピタリティというよりは私の学生時代から持っている「人に感動を与え喜ばれる事をする」という考えから来ているのだと思います。単純に人が喜ぶ顔を見るのが好きなだけともいいますが…。

ついついその痛みや悩みが解決したらきっと喜ぶやろうなぁと想像してしまうんですよね。

設計という仕事を選んだ時は製品を通して人を感動させ喜んでもらいたいと考えていました。

でも、実際にはもっと直接的に人に感動を与え喜んでもらえるような事は出来ないかなという思いがずっと心のどこかにありました。
そして視点が変わったことでその思いが一気にふくらんできたのです。

そう思っていると不思議な縁があるものでたまたま今の師匠、そして理楽整体と出会ってしまったのです。

ただ、師匠の元で学びはじめたときはまだ自分の考えや進むべき方向に不安や迷いがありました。

でも自分の技術でボランティアで診た患者さんの症状が改善され喜ぶ顔を何度も見るにつれ

「やっぱり自分の求めていたものはこれだ!」

という自信と確信みたいなものがもてるようになりこの道を進んでいくことを決心したのです。

そしていま、「感動し喜ばれる施術」を目指して日々精進しています

お気軽にお問い合わせください 整体院fRee
店舗外観
愛知県岡崎市若松町大廻43-2 1F
整体院fRee
完全予約制 0564-55-2753
営業時間:10:00〜21:00
休診日:日・祝
接客中などによりつながらない場合は留守電にお名前とご用件をお残しください
24時間受付中
メール問合せ