1. ホーム
  2. 症状別の解説
  3. 岡崎市で顎関節症・アゴの痛みでお悩みの方へ
  4. 顎に関係する筋肉

顎に関係する筋肉

アゴは働き者

顎関節は、体の中でもっとも頻繁に使用される関節といわれていて、1日に何と20003000回動くそうです。すごい回数ですが、食べるときも喋るときも使うと考えるとこれぐらいになるのでしょうね。

また咬むときにメインで力を発揮する咬筋という筋肉は小さいですが身体中で最も強靱な筋肉と言われています。

標準的な人の場合、左右2つの咬筋で約68kgの力を出すことができ、指を食いちぎるのに十分な力があります。歯ぎしりすると歯にキズがつくのもわかりますね。

また、普段は意識することがないと思いますが、アゴの関節は釣りのおもちゃの魚のように単純にパクパク開閉するだけではありません。食べた物をすり潰すことができるように前後・左右にも動くことができます。

その動きを実現させるため、先ほど出てきた咬筋も含めて7種類の筋肉がアゴの動きに関わっています。これらが連動してアゴの動きをコントロールしています。

アゴに関わる筋肉たち

下顎骨に付着してアゴの動きに直接関わる筋肉は下記の7つです。

名称 働き 場所
側頭筋 咀嚼・閉口 
側頭筋
咬筋 咀嚼・閉口 咬筋
内側翼突筋 咀嚼・閉口 内側翼突筋
外側翼突筋 咀嚼・開口 外側翼突筋
顎二腹筋 開口 顎二腹筋
顎舌骨筋 開口 舌骨下筋
オトガイ舌骨筋 開口 舌骨下筋※舌骨下筋の中央付近

これらの筋肉は下顎骨(下顎)と頭蓋骨をつなぐものと、下顎骨と舌骨をつなぐものに分かれます。舌骨というのは喉仏のことですが、舌骨は肩甲骨ともつながっています。つまり、間接的に肩甲骨もアゴの動きに影響する可能性があるということです。

そこで、整体院fReeでは主にこの7つの筋肉に狙いを絞った施術を行います。さらに全身のバランスを整えたり姿勢を指導したりすることも同時に行います。

<< 顎関節の構造と動き顎関節症のメカニズム >>

顎関節症の原因と対策の目次

  1. 顎関節の構造と動き
  2. アゴに関係する筋肉
  3. 顎関節症のメカニズム
  4. 顎関節症になる生活習慣
  5. 顎関節症のセルフケア・予防
お気軽にお問い合わせください 整体院fRee
店舗外観
整体院fRee
愛知県岡崎市若松町大廻43-2 1F

完全予約制

0564-55-2753
営業時間:10:00〜21:00
定休日:日・祝

接客中などによりつながらない場合は留守電にお名前とご用件をお残しください

24時間受付中
メール問合せ
24時間受付中
LINE@